読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

citron syrup

HTML,CSS,js,Ruby,Swift

データ型(data type)

数値や文字といったプログラムが扱うデータの種類のことを型(type)またはデータ型(data type)という。
主な型には整数型、小数型、文字列型、ブール型がある。

文字列

文字列(string)とは、0文字以上の文字の連なりのことである。
Swiftでは空文字(empty string)と呼ばれる0文字の文字列を扱うことができるため、この様な定義となっている。
Swiftのプログラム内で文字列を扱うときは文字列を"(ダブルクォート)で囲んで書く。

また文字列もプログラムで扱うことのできるデータの為、数値と同様に変数に代入できる。
数値と違う点は文字列を"で囲む点だけである。

文字列を変数に代入する

var cockatiel = "オカメインコもふもふ"
print(cockatiel)

数値と数字の違い

プログラムを書く際、数値と数字(文字列)の違いを意識することが必要である。

print(1 + 1) //ଘ(ㆁvㆁ)<数値
print("1" + "1") //ଘ(ㆁvㆁ)<数字
print("1 + 1") //ଘ(ㆁvㆁ)<数字

Console Output

2
11
1 + 1

文字列補完

文字列に変数を埋め込む方法を文字列補完(string interpolation)という。
今までやったことでバッテリー残量が1%づつ減っていくプログラムを書こうとすると
残量の箇所分思いつくだけ用意することを思いつくが、それだと面倒なので文字列補完を使う。

var batteryRemaining = 18 //ଘ(ㆁvㆁ)<変数バッテリー残量に18を代入する
print("バッテリー残量はあと\(batteryRemaining)%なのです") //ଘ(ㆁvㆁ)<"で囲まれた文字列の中に\を書き、()内に式を書く

ブール(boolean)

ブール(boolean)とはtrue(真)またはfalse(偽)の二種類の値を扱う型である。
整数にも文字列にも無限の組み合わせがあるが、ブールにはtrueまたはfalseの二つの値しかない。

型を指定する

変数に入れるデータの型は明示的に指定することも可能である。

f:id:CitronCockatiel:20151220222340p:plain

var num : Int = 3 //ଘ(ㆁvㆁ)<整数
let pi : Double = 3.14 //ଘ(ㆁvㆁ)<小数

次はif文!