読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

citron syrup

HTML,CSS,js,Ruby,Swift

配列(array)

配列(array)とは、複数のデータを1つにまとめて管理する機能である。
配列は変数の一種で、宣言する際にその変数をデータを1つだけ格納できる変数にするのか、データを複数格納できる配列にするのかを決定する。

var cockatiel = ["もふもふ","とさか","ほっぺ"]

配列に格納されている1つ1つのデータのことを要素という。
配列の中から1つの要素を取り出すには以下のように書く。

f:id:CitronCockatiel:20160117175227p:plain

var cockatiel = ["もふもふ","とさか","ほっぺ"] //ଘ(ㆁvㆁ)<配列の宣言
print(cockatiel[0]) //ଘ(ㆁvㆁ)<0(添字)の要素を表示する

Console Output

もふもふ

上記からわかるように、配列には自動的に0から始まる添字が付いている。
そのため先頭から二番目の箱に格納されているデータを取り出したい場合はcockatiel[1]となる。

配列の要素の変更をすることも可能である。

f:id:CitronCockatiel:20160117175510p:plain

var cockatiel = ["もふもふ","とさか","ほっぺ"] //ଘ(ㆁvㆁ)<配列の宣言

cockatiel[0] = "まんまる" //ଘ(ㆁvㆁ)<0の要素"もふもふ"を"まんまる"に変更する
print(cockatiel[0]) //ଘ(ㆁvㆁ)<0(添字)の要素を表示する

Console Output

まんまる

また、配列はfor文の繰り返しの範囲として利用できる。

Q テスト結果が国語95点、数学70点、英語80点である場合に、この3つのテストの合計点を配列とfor文を使って計算せよ。

f:id:CitronCockatiel:20160117175635p:plain

var total = 0 //ଘ(ㆁvㆁ)<変数totalに0を代入
let pointArray = [95,70,80] //ଘ(ㆁvㆁ)<変数pointArrayに配列を代入

for n in pointArray { //ଘ(ㆁvㆁ)<変数nが変数pointArrayの間は
    total = total + n //ଘ(ㆁvㆁ)<変数totalと変数nを足す
}
print(total) //ଘ(ㆁvㆁ)<変数totalを表示する

Console Output

245

配列が難しかったので途中で寝ようとしたら、嫁に叱られ最後まで書かされました。
怖いです。

次は辞書(dictionary)です。